9/1 朝5:30、しぐさんに叩き起こされる。

寒かったのでもう少しゆっくりしようとしていたらテントから追い出されテントの撤収を手伝ってもらうことに...。

まだ肌寒いけど5日目スタートです。

旭川から西へ。まずはオロロンラインへ出るために留萌を目指す。

IMG_5750
ナビがついているらしくついていくことに。サイクリングロードですよ!

旭川から多度志まで30kmほどコンビニのない道が続く。

多度志のセコマで休憩しているともう一人チャリダーが!休憩ポイントが少ないからおのずと集まってくるのね。
東京からお越しのアヤホさん。サイドバッグを低い位置に付けられるのすごく便利そうだった。
IMG_5751
休憩がてら少し話していると最北端を目指しているらしい。道中が同じなのでご一緒することに!

途中、車が通らないことをいいことにスプリント大会(Max46km/hでした。)をしたりいろんな話をしながら留萌へ。

IMG_5753
足をサドルバッグに引っ掛けてる....怖くて真似できない(笑)。
 
留萌で立ち寄ったスーパーにて。
IMG_5756
ガムをゴールまで運べたら2個出てくるやつ。負けた人がジュース奢るとかなんとか...。

IMG_5758
???「荷物は入らないんじゃない。詰め込むんだ!」

IMG_5759
しっかり留萌で青フラッグも回収。

P9010578

P9010575
3日ぶりの海だ!!たった3日海を見なかっただけでこれほどまでに懐かしく感じるなんて....。

ツーリング仕様にもかかわらず30km/h近くで走る。ここだけの話結構キツかった(笑)

途中にあるおびら鰊番屋で休憩。コンビニがほとんど無いので貴重なエイドポイント。
トイレに行って出てくると二人は何やら海に入っていた。いや、昨日まで8月だったとはいえ北海道寒いですよ!!?
P9010594

IMG_5764

IMG_5768
先頭をローテーションしながら走る。これほどまでに走っていて気持ちがいい海岸線がかつてあっただろうか(いや、ない)。

IMG_5766
記念撮影☆(キャリアの上が汚い)

徐々に日が落ちてきた。この日、それぞれの向かう目的地は若干違っていた。アヤホさんは苫前、しぐさんは羽幌のユースホテル、そして私は初山別のみさき台公園キャンプ場である。誰かから「みさき台公園から見る夕日は絶景」と聞いていたのでぜひとも行きたかったのだ。

苫前についたころにはかなり日が傾いていた。初山別まで30km。タイムリミットは日の入り。がんばれ私、負けるな私!苫前あたりからはこのオロロンライン、かなりアップダウンが激しくなってきていて上っては下りを繰り返していた。この日、すでに130km漕いでおり、余計なスプリント大会のせいもあってか脚はかなり限界に近付いていた。

必死で漕いでいると前に人影が。。。
IMG_5775
あ、どうもこんにちは。話を聞くと富山大サイクリング部の1年生の二の丸くんとぽけへりくんだった。2日目、TUCCと出会ったあと、公式アカウントをフォローし、合宿の様子を見ていて合宿が終わった報告を見ていたので何でここにいるのか聞いてみたところ、「せっかく北海道まで来たんだから最北端を目指したい」と追加合宿をやっていた。将来有望な1年生だ。

そのままコバンザメのように後ろにへばりついて走らせてもらうことに。
IMG_5771

IMG_5772
迫るリミット。

IMG_5776
上りで点になる二人....。どこまで優秀なんだろうか.....。

IMG_5778
到着だん!!

さっそく自転車を持って階段を下り、海へ。「キャリア付きの自転車はサイドバッグをつけてこそかっこいい」という謎のポリシーのせいで30kg以上ある自転車を担いで階段を下りることに。

12115961_1498169740509403_3272533374048443516_n
間に合った!!苦労がすべて報われる美しい夕日。これを見るためだけにここまで走ってきたのだ。

23803010319_7241b06fe2_o
沈みゆく夕日の美しさに私は始終言葉を失っていた。

無事、夕日に間に合うことができた三人は道の駅ロマン街道しょさんべつの横にある温泉で一日の疲れを癒した。TUCCの合宿の話や普段の活動の様子などを聞いてると「楽しそうだなぁ...。」と思った。帰ったらMUCCももっと盛り上げていかなければ!そう思わせてくれた。

温泉から出ると道の駅に自転車が止まっていたので挨拶をしに行くことに。すると鹿児島大のサイクリング部がいた。三重、富山、鹿児島のサイクリング部が北の大地で遭遇したのがたまらなくおかしい気がした。北海道は自転車乗りを引き付ける力がある。そう感じた瞬間だった。
お互いの合宿の様子などを長々と話してると鹿大の他の部員さんが眠そうにしていたので各自自分のテントに戻ることに。

富山大の米のノルマ(全員で一食あたり10kg食べる)とか鹿児島大のフル装備で冬に阿蘇を登るとか面白い伝統をいろいろ聞かせてもらうことができた。

明日はオロロンライン後半戦!頼むから晴れてくれ!!

走行距離159.25km
総合距離575.39km