ある日先輩がボソッと呟いたその一言から始まった企画である。

企画としては三重県と岐阜の県境を跨いで最初の駅である美濃松山駅からスタートし、国道258号、国道1号、国道23号、国道42号の順に南下し和歌山県の新宮市を目指すというものである。
kykhkhkhkgjtjg
2/17の終電で美濃松山駅へと向かう。

寒い...。そりゃそうだ。真冬の深夜なのだから。
この時の気温は2℃だった。寒くないわけがない。
IMG_9025
輪行解除!

IMG_9026
最寄りのコンビニでスタート前の補給を済ませます。

いざ、スタート!この時の時間は0時18分。個人的に200kmブルべの規定時間である13時間半でたどり着ければいいなぁ~とか考えてたり。

IMG_9029
サクッと三重県へ。ここがほんとのスタートライン。桑名市街地までは下り基調なので30km/hペース。

四日市のコンビニで第1エイド。この地点で1時37分だいぶいいペース。距離は25kmほど進んだところである。

休憩を終え再び走り出す。この道は名古屋方面へ行くときにはいつも用いる道なのでそこまでつらくはない。いつもの道って感じだ。

IMG_9030
気温は0℃....つま先が痺れ始めてきた。

津の大学前のミニストップで第2エイド。ここで先輩が家に荷物を置きに行くとかで大休憩。ここまで約50km。全行程の1/4と考えるとどれだけ津が北部にあるかがよくわかる。
IMG_9031
寒いとエネルギーの消耗が激しいからしっかりカロリーを摂っていく必要がある。復活したペヤング超大盛!200円で1000kcal補給できる優れもの。

40分ほど長々と休憩してしまっていた。あんまり長居するとそのまま家の布団に直行しかねなかったので再び走り出す。

第3エイドは多気町。シャープの前にあるミニストップ。ミニストップは確実にイートインがあるのでできればエイドの場所はミニストップを選びたいですな。ここでも少々ゆっくり休憩。トゥーカバーも役立たずの気温で足はつま先からかかとまで寒さですっかり感覚をなくしてしまっていた。冬の夜を舐めていた...。早いうちにシューズカバー買おう。
IMG_9032
ガイアの夜明け。だいたい6時くらい。

その後も大台の三瀬谷、大内山のコンビニで足を解凍しつつ進む。

15333
(photo by たけも)
完全に霜降りてたからね。そりゃ寒いよ。

大内山で休憩してるときにはすでに太陽が出てきて暖かくなり始めていた。
IMG_9036
5000Lの牛乳パックで記念撮影。

多気町から緩やかに上ってきたけどそれももう少しで終わり。荷坂峠を越えれば200mの標高を一気に0mまで消化する急な下り坂が続く。
15324
(Photo by たけも)
北側は標高貯金のおかげもあって少し上るだけ。

IMG_9037
途中、マンボウの丘からの景色。

道の駅マンボウにて第6エイド。残念ながらマンボウの串焼きは土日にしか食べれないそうな。
IMG_9038
この時点で時間は10時、出発は10時半だった。寒さのせいで休憩が多くなったため(自分の中では)予定より大幅に遅れていた。(先輩はもっとゆっくりの予定だったそうです。)

このペースでは終電までに間に合わないんじゃないか?となったのと、ここまで来て縦断失敗は考えられないなということで(少しみなさんに申し訳なかったのですが)メンバーから離反して一人で新宮までペースを上げることに。(ここからは写真を撮ってる暇がなかった。)

まずは尾鷲。小さな峠をいくつか越えれば降水量日本一の町、尾鷲である。2年前に来たときは、それまでは天気よかったのに尾鷲に入るトンネルを抜ければ土砂降りだったなんてことがあったので用心してたのですが、今回は快晴の尾鷲を走りに抜けることができました。

尾鷲と熊野の間にある矢ノ川峠はこの縦断の最後にして最大の難関。約30kmの山岳コースです。実は私、この峠がすごく好きなんです。隣にバイパスが通ってるおかげで道幅が広い割には交通量がほとんどないうえに視界が開ける場所の景色は最高なんです。
P8230067
(参考写真:2014年8月撮影)

15342
(photo by たけも)

この峠を越えてる間も時間と距離の計算。ここで熊野→新宮間が追い風ならばなんとか13時間半以内にたどり着けそうだなと判明。登りもできるだけ甘えず、スピードを上げていく。

しかし現実は甘くはなく、熊野からのフラット20kmは向かい風。時間的にはギリギリ間に合うか間に合わないかといったところ。孤独のレース、時間との闘い。補給食を食べる時間でさえもったいない。でも食べないと足が動かない。そんな中見えたのは熊野川にかかる赤い橋。

結果、
IMG_9044

IMG_9042
0時18分出発、13時45分着。タイム13時間27分。ギリギリもいいとこ。なんとか最後の追い上げが報われた。

今回、コンビニ休憩時だけ計測ストップしてたから3時間50分も休憩していたことになるなぁ...。休憩しすぎでしょ'`,、('∀`) '`,、

今回の教訓は装備(シューズカバー等)をきちっとして休憩回数と時間を減らす必要がある。といったところでしたね。そのことにさえ気を付ければ今の脚でも200kmブルべは完走できそうですな。

とりあえず空腹のあまりすき屋へ転がり込む。牛丼を食べつつあとの二人を待とうと思っていたのだけど....。
IMG_9045
気付いたら牛丼食べながら爆睡していたので待つのを諦めて一足早く電車に乗り込むことに(ゴメンナサイ)。
IMG_9047

電車の中で二人の縦断成功の報告を見つつ4時間半揺られて、無事お家へ帰ることができましたとさ。