2015/8/30 朝
IMG_5684
寒い....毎日言ってる気がするけど朝は寒い...。この日は山を越え富良野へ抜ける予定だ。

この朝は駅でも道の駅でもなくキャンプ場に泊まっていたため急いで支度する必要がなかった。朝起きて、近くのコンビニで朝ご飯を買って、テントに戻ってゆっくり食べてからテントを撤収する。なんと優雅な朝だろうか。

そうやってのんびりしていたら出発は9時になってしまっていた。この日も天気は良くすがすがしい気持ちで出発した。

出発してすぐ、横の家を見ると...。
P8300273
敷地内に線路と踏切が!?北海道だからこそできるというかなんというか...凄いなぁと思いました(小並感)

スイスイと岩見沢を抜け三笠の端っこ幾春別に到着。おそらくここから富良野へ抜けるまで補給ポイントはないと思われたので最終補給。

朝は寒くても昼間はあったかいし漕いでいれば暑くもなってくる。あぁ、ソフトクリームがうまい。
IMG_5696
昔は駅があったそうな。線路の跡とか駅のホームとか残っていれば狂喜乱舞したのになぁ...。残念(´・ω・`)

水と食料をバッグに詰め、さぁ上るぞ!と町を出ようとしたその時、
P8300356
怪しい建物のチラリズム。気になったので寄り道寄り道(^ω^ ≡ ^ω^)

おっとこれは?
P8300355 (3)
廃鉱だああああああああああああ!!!!
廃墟好きとして寄らずにはいられない!始終テンション上がりっぱなしだった。

ここは旧奔別炭鉱。写真を見るとトロッコの線路とかあっていい感じだったけどさすがにそこまでは危険すぎて入れなかった。
P8300278

役に立つかはわからないけど一応ヘルメットは着用したまま突入。

IMG_5697

P8300282
手前の炭鉱らしい建物はさすがに入れなかった。

P8300327
奥の建物へ突入。

P8300290

P8300293

P8300298

P8300299
炭鉱の仕事はいつも死と隣り合わせ。

P8300300
本当にお疲れ様でした。

P8300324

謎の建物を出てエレベーターの裏手に回ってみる。
P8300329

P8300342

P8300338

P8300337
仕事を終えたエレベーターのその姿に私はしばしの間見とれていた。

さすがに中には入れないので外から見るだけとなったがそれだけでも凄かった。

見れるところを見尽くして旧奔別炭鉱をしゃぶり尽した私はふと時計を見る。お昼を過ぎていた...。これから山を越えていかなきゃならないというのに一日は既に半分が経過していた。

さすがに少し急ぎ気味で漕ぐ。標高が上がるにつれて気温は下がっていく。山を越えるにつれて天気は次第に曇ってゆく。上ってる最中は運動してるからいいもののダウンヒルともなると寒くて寒くて仕方がない。特に指先が。家に帰ったら指先のあるグローブを買おう。そう固く決意したのであった。

IMG_5706
熊注意の看板。熊は時速4~50km/hで追いかけてくるという。気を付けなければ....。

峠を一つ越え夕張国道から道道135号線へ。そしてもう一つ峠を越える。それを下れば富良野の町はもうすぐだ。

IMG_5708
富良野に入るときれいな大雪山がお出迎え....してはくれなかった。
天気予報を見るとこの富良野、美瑛を通過する2日間、天気は良くならないらしい。晴れたら綺麗なんだけど残念だなぁ....。

おなかもすいたので富良野駅前の「くまげら」というお店へ。
P8300366

P8300369
ここのオムカレーがおいしいと風のうわさで聞いたことがあったのでいただく。オムレツにいろんな野菜が入ってて美味いんですわこれが。

この日の宿泊場所は中富良野にある「ふくだめろん」さん。500円でメロンが半玉ついてくるというメロン農家兼
ライダーハウスだ。到着して手続きを済ませると、さっそく「メロンはどうしますか?」と聞かれた。二つ返事で「はい、食べます」と答えると....、
P8300375
果汁滴る半玉のメロンが!普通に食べたらこれだけで500円超えてしまいそうなものだが、このメロンに一泊ついて500円!安すぎる....。

P8300376
ぺろりとたいらげてしまった。

暗くなってきたのでライダーハウスの中へ転がり込む。
P8300378

P8300379
今までのホクレンフラッグがズラリ。

この日は残念ながら私以外に宿泊者がいなかったため貸し切りに。旅人との出会いや情報交換もライダーハウスの楽しみであるだけに少し残念だったなぁ...。
でも、コンセントを貸し切りで使えるのはありがたい。携帯、モバイルバッテリー、ライト、カメラと充電するものはたくさんある。野宿旅のつらいところは電気が有限だというところだ。だからこうやって定期的にライダーハウスに泊まって電源を確保しないといけないのである。

天気予報が外れて明日晴れないかなぁ....。そればかりを願いながら眠りについた。

走行距離95.92km
総合距離322.7km