紅葉登山したい、したくない?
そんな私の一言から始まった紅葉と登山とダンロップのお話
2015-11-04-11-50-25

とある秋の日、Twitterにて
私「11/3の文化の日誰か御在所登ろう!」
Tさん「3日はバイト...。」
cくん「11/4なら...。」
11/4のほうがいけるという意見が多かったので自分の予定を確認してみると...なんと授業がないじゃないか!

休日は観光客で混むらしいし平日で都合がいいのなら丁度いいのでは...?ということで11/4に決定。今回の参加者はRikisiくん((@Tomu_Rausi)と私の4人。自分以外は夜から三重県入りするということで自分も夜向かうことに。平日に集まれるあたりが大学生って感じがするなぁ。。。

私は車を持っていないので電車で近くまで行って拾ってもらおうと思っていたらトムラウシさんが迎えに来てくれることに!この人にはお世話になってばかりで頭が上がらないや(笑)。

車を走らせてとりあえず寝床へ。寝床といえば道の駅である。道の駅菰野に滑り込み一晩を過ごすことに。愛知方面から来る二人とは当日の朝、御在所岳ふもとの駐車場で集合予定だったが....なんと同じ場所を寝床として選んでいたようで少し早い合流に...。

image
快適車中泊!てっきりリクライニングで寝るものだと思っていたからこれは嬉しい!
次の日の朝は早めに設定していたので寝る準備ができるとすぐに眠りについた。

2015-11-04-06-37-41
AM 6:30 山男達の朝は早い。
天気は良くなりそうだ!そう思っていた時期が私にもありました...。朝はこんなに気持ちよく晴れていたのにね。
途中コンビニへ寄り最終準備を済ませて登山口へ。

PB040001
今回は一番御在所岳を満喫できるらしい中登山道を登っていくことにした。

PB040003
しっかりと登山届は書いておく。

PB040005
登山開始直後から岩場が始まるし結構アスレチックな山だ。

PB040010
朝は晴れていたのに空を覆うのは厚い雲。

PB040014

PB040019

PB040024
おぼれ岩にハサマラウシ。

PB040031
紅葉はいい感じだったのに天気がねぇ...。PB040032
リキシくんは今回が初登山ということで白く輝くダンロップでの参加。

PB040033
観光客が多くてお手軽な山なのかと思いきや結構岩場だらけでびっくり。鎖場も何箇所かあって楽しい。

PB040042 (2)
曇り空に負けない素晴らしい紅葉。

PB040057 (2)

PB040061

PB040062 (2)
御在所の有名なアレ。
PB040065 (2)
地蔵岩と言うそうな。

PB040079

PB040075
滑り落ちる一歩手前のcocodoくん。

PB040083 (2)
読図担当のお兄さん。

PB040073
梯子もあります。

PB040092 (2)
頑張るダンロップ。
PB040099 (2)
山頂に近づくにつれて視界がだんだんと悪くなってゆく...。

PB040106 (2)
そうこうしてるうちに登山道が終わってしまった。

PB040107
富士見 #とは

2015-11-04-10-18-55

2015-11-04-10-18-46
はい、山頂。

風も結構強く、登頂したことよりも寒さに震える4人は休憩所へ避難。2015-11-04-10-34-51

2015-11-04-10-58-04
各自で持ってきたらぁめんとトム兄さんの差し入れのコーヒーで温まる。もう、最高しか言えねぇ...。

休憩しながら晴れるのを待っていたがいっこうに晴れる気配が見えないので仕方なく下山することに...。せっかく来たのに残念だったなぁ。。。

帰りは武平峠へ続く尾根を降りていくことに。
そして下山し始めてしばらくすると...。
PB040120
もしかして....山頂の方晴れてるんじゃ....。
4人「もう少し山頂でゆっくりしとくんだった...。」
仕方ないので下山だけでも晴れている御在所を楽しむことに。

2015-11-04-11-50-25
突如勃発するオタクダンロップ撮影会。結構いい写真が撮れた気がする(笑)

PB040140 (2)
日本一周した人間は恐怖の感覚が麻痺してる(確信)

jpg large
中指を立てるオタク岩(photo by Rikisi)

PB040144 (2)
うむ、素晴らしい尾根だ。美しい。

PB040264
渓流ハッケーン!!

PB040242 (2)

PB040236
はしゃぐオタク様御一行。

PB040188
登りの雲はどこへ行ったのか降りてきたころには完全にいい天気になっていた。

さすがにもう一度登る体力は残っていないので車に乗ってふもとのアクアイグニスヘ。
jpg large
(photo by トムラウシ)
山から下りてきた汗だくの人間が来るところじゃないぐらいオシャレな施設だった。
でも竹林風呂はとても気持ちよかったです(小並感)。

ダンロップでも山なんて登れちゃうわけだしみんなどんどん気軽に登山を楽しむべき!

はじめてだったけど自分で企画?(ほとんど助けてもらったけど)したオフ会がうまくいってよかったと思いました。