2015/8/26
前日の夜はそわそわして寝れなかったのを覚えている。
P8260003

当日は片方のパニアとキャリア、テントやマットなどは郵送で舞鶴まで送ることで輪行の負担を軽減する作戦を使った。

前日寝れなかったこともあり朝5時に家を出る。

輪行に40分...相変わらずの手際の悪さである。
P8260004
津から東舞鶴までは7時間ほどの電車移動...ツライ。
P8260012
電車を乗り換え長旅のすえ東舞鶴に到着。郵便局で荷物を受け取り自転車へキャリアを取り付ける。
IMG_5570
後ろのこの重さ...ひさしぶりだ...。慣れるまではうまくバランスが取れない。

張り切って早く来てしまったせいかまだ夕方である。フェリー出港は深夜なのでまだまだ時間が有り余っている。
ぶらぶらしてると移動スーパーなるものを発見。徳島で発祥していまや全国展開しているらしい。それで名前がとくし丸。単純だ。
P8260025

そのあとも舞鶴鎮守府をぶらっとしたり街をぶらっとしたりしているうちに夜に。。。
サークル長兼元日本一周チャリダーであるところのたけもさんが舞鶴にいるということでお見送りに来てくれることに。そしてもうしばらく待つと、またまた元日本一周チャリダー兼チャリダー寝床bot(@charider_nedoko)の管理人かつフォロワーさんであるところのトムラウシさんが合流。実はもともと27日に出発する予定だったのだが、このトムラウシさんが26日から北海道に向かうという噂を聞きつけ、少し無理をして26日に変更したのである。この後、3人で晩御飯を食べに行くも、日本一周チャリダー同士の、寝床や道路、地名の話には全くついていけなかったよ(´・ω・`)
P8260032
My bikeと日本一周を成し遂げた丸石エンペラーのツーショット

フェリーの中で食べる食料をコンビニで買っていざフェリー乗り場へ
IMG_5578
実は前日に日本海を台風が通過しており、その影響でフェリーは二時間ほど遅れて出港することに。。。
日本一周チャリダー2人に北海道のオススメポイントを教わりながらだったので遅れているにも関わらず待ち時間はあっという間に過ぎ、いよいよ出港の時間に。帰りの日を設定していなかった(というかどう回るかも決めていなかった)ので次に本州の大地を踏むのがいつになるかわからないまま私はフェリーに乗り込んだ。
P8270040
プランは当然一番安いツーリストAに学割のプラン。自転車込でも片道1万円ほどで行けるので学生の強い味方。
P8270041
舞鶴⇔小樽のフェリーには「あかしあ」と「はまなす」があるが今回は前者。

フェリーに乗り込み風呂を済ませると、前日徹夜だったこともありあっという間に眠りについた。