オリオン座流星群の捕獲に失敗したお話。
PA220027

当日の夕刻、Twitterはオリオン座流星群という単語で溢れていた。

最初は「ふーん、オリオン座流星群かぁ~」と興味なさげに見ていたのだが、天気や月の状態を調べるとすごく条件が判明した。決断したら即行動である。
夜12時に家を出て近所にある安濃ダムを目指す。image
持ち物はカメラと三脚、防寒着。

1時間ほど漕いで安濃ダムに到着。流星群の情報を聞きつけてか星を見に来ている車もちらほら。

人のいない橋の上を陣取って流れ星撮影を始める。
PA220043

PA220058

PA220073

露光時間は20秒。これ以上開けると星が流れてしまうからである。かれこれ二時間ほど流れ星を撮ろうとパシャパシャやっていたのだが、これが全くヒットしないのである。流れ星自体は5分に一回(自分が見た感じだと)ほど流れていたのに、撮れる写真には全く流れ星は写らない(´・ω・`)
それもそうだ。露光時間が20秒、写真の保存に約20秒かかる上、レンズに収まるのは全天のわずか一部、さらに流れ星の間隔は5分に1度ときた。相当な運の持ち主でない限り撮影は無理だ。

あきらめて深夜自転車部を始めた結果...、なかなかいい写真が撮れたんじゃないだろうか。
PA220114 (9)

PA220090
やっぱりG3組はかっこいい。

満足のいく写真が撮れたところで帰ろうとしたら先輩であるところの亀岡さんが来ていたので写真を撮っている横でごろんとすることに

のんびりしていたら空が白んできて強制タイムアップ。
PA220122

PA220116
朝の安濃ダムをカメラに収めて40km/hで鬼牽きされて帰りましたとさ。

後日、きれいな星空写真を撮るフォロワーのTMDさんに星空のRAW現像のコツを教えてもらって頑張った結果
PA220114 (18)
こんな感じに満天の星空が現れました!TMDさんご指導ご鞭撻ありがとうございやした!

走行距離42.46km
AV.22.5km/h